XR Kaigi 2020 OpenXR Plaza

December, 2020

国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi2020」の特別企画として、開発されたバーチャルワールドです。 「Open XR Plaza」は、いわゆる会場ロビーのような、XR Kaigi参加者同士が集い、コミュニケーションをとることのできるバーチャル空間です。THINK AND SENSEと株式会社Moguraのコラボレーションで生まれました。

Statement (はじめに)

コロナ禍で、人々の物理的なつながりが強制的に断たれ、XRテクノロジーを駆使した新たなコミュニケーションのあり方への急速な注目が集まりました。グローバルで様々なバーチャルイベントが開催され、リアルの代替えでは無く、バーチャルでしかできないエクスペリエンスがあるという確信が多くの人になかに生まれた1年になったと思います。

しかし、未だバーチャル世界でのエクスペリエンスのセオリーは無く、
現実を模倣した表面的な空間性の再現や、バーチャルであるがゆえにできてしまう体験の無いサイケデリックなだけの空間も見受けられます。こういった潮流の中で開催される、XR Kaigi2020は国内のXR技術者の最大の祭典として、技術面のみならず、XRテクノロジーが実現するエクスペリエンスと社会にもたらす新しい価値についても議論される場として機能します。こういったトピックの議論のキッカケを作るべく、このワールドは、「バーチャルにおける公共性の実験場」をテーマに計画し構築しました。

3つの階層からなるこのワールドでは、階層を下がって行くごとに、アバターサイズが巨大化します。
この巨大化により、現実世界と同じく、音声コミュニケーションでの「距離」の機能を再現します。(アバターが大きくなるにつれて、音声通話が遠くなります。)
「距離」の概念を超えて、通話できるバーチャルの特性をあえて、無視し。
「距離」の概念を現実では不可能な、「自身の大きさの変更」という機能で実現しています。

ここで、実現されるエクスペリエンスは参加者の皆さんに取ってどのように受け取られるか?
そこから新しい議論が生まれるか? こういったバーチャル世界でのエクスペリエンスに対する議論のタネに寄与できれば幸いです。

Space Design

初のオンライン XRkaigiであること、これからのXR業界成長の兆し・幕開けを受けて、「祭典」と言う形でロビーを設計しました。会場全体のデザインは、参加者がXR業界の未来に希望を感じワイワイ楽しんでもらえるような空間にするべく、誰もが想像しやすい日本古来の祭りと、バーニングマンのような実験的な要素が共存するような世界観にしようと考えました。

 

会場全体を通してボロノイ図形を使用し、XRを牽引していく人々が互いに影響し合いながら新しいものを創造していく様子を表現しています。このボロノイ図形に和柄を組み合わせ、さらにジャパニーズポップカルチャーからカラーを引用しNEO日本のお祭り感を醸成しました。


外側を覆覆う大きな提灯にもボロノイ図形×和柄を使用しながら、中から見上げても空が見え、光を感じられるように屋根を一部透けさせ、奥行き感を演出しました。 
また、お祭りの象徴である提灯を巨大化するアバターの大きさに合わせ各フロアに設置し、アバター拡縮を可視化する機能を持たせています。

Contents and Interaction Design

ZERO階層・エントランス

ルームに入ってすぐのスタート地点がエントランスです。
視界にXR kaigi 2020 のロゴと「OpenXR Plaza」の全体が広がり、フォトスポットになっています。

第一階層・お祭り会場

エントランスから導かれた先がお祭り会場です。盆踊りがかすかに聞こえ、巨大なアバターから覗かれている感覚を体験できます。
コンデンス未発表曲が聴けるジュークボックスがあります。

第二階層・ギャラリースペース

ここでは今年XR業界の未来の発展に貢献した企業の皆様の働きをアワードという形で紹介しています。
また2020年に発表されたXR関連のニュースをmogura webから選出したアーカイブ展示のコーナーも設けられました。
第一階層から第二階層にワープすることにより、アバターが自動的に巨大化します。ここでは音楽・話し声が小さくなり、落ち着いて展示物を見ることができます。

第三階層・ダンスフロア

最後の階層では、大きな音が鳴っていることや、アバターが超巨大化し、お互いの距離が遠くなることで会話が難しい状況をあえて作り出しました。会話以外でのコミュニケーションでお祭りを楽しみます。
VRヘッドセット収穫祭(XRkaigi2020VRゴーグルをもぎ取って投げられる)や、モグラちゃんと一緒に盆踊りができます。
アバターが超巨大化することで、第一・二階層にいる参加者を俯瞰してみることができ、箱庭を眺めているような体験も可能です。
また、反対に第一・二階層から第三階層を見ると、アバターが巨大なオブジェのように見え参加者もOpen XR Plazaのコンテンツの一部になることができます。

 

 

CREDITSConcept and Experience Design: Shuhei Matsuyama
Space and Graphic design :Kana Niijima
Technical Direction : Katsuya Sakuma
Space Interaction programming :Kousuke Kajimura